【SVシーズン1シングル使用構築】継承パトラゴーカイリュー【最終98位】

f:id:amaniiii:20230105111140j:image

【構築経緯】

Pokémon-Icon 956.pngエスパトラ@気合いの襷 テラスタル:ノーマル

ルミナコリジョン/マジカルシャイン/まもる/バトンタッチ

この襷クエスパトラ加速ルミナコリジョンでの崩し、守るでの様子見、S上昇バトンが出来ることから非常に強力であると感じた。

このポケモンに耐久を振ることで初手のドラゴン勢にも強くなれると発見したため、このポケモンを初手に置く構築をシーズン序盤から考察していた。

 

後続に置く候補として、バトンタッチを決めればめちゃくちゃ強いがしなくても普通に強いを意識して決めることにした。

まず、キョジオーンに強く流行りのアンコールカイリューにも強いHB隠密マントサーフゴーを採用。サーフゴーが不利を取るドドゲザン辺りに強いゴツメアンコール羽休めカイリューもセットで採用した。

次に、相手の積みに強めで強力なバトン先にもなれる残飯シャドボラウドボーンを採用。

 

更に、カイリューとの相性補完が優れていてステルスロックと電磁波を撒ける第二の初手枠としてヨプドドゲザンを採用。

最後に、スイーパー役としてスカーフガブリアスを採用した。

 

【個体紹介】

エスパトラ@きあいのタスキ ラスタル:ノーマル

特性:加速
性格:控えめ
実数値:173(20)-*-108(220)-150(124)-81(4)-143(140)
技構成:ルミナコリジョン /マジカルシャイン /守る /バトンタッチ

調整意図

・A特化マリルリアクアブレイクアクアジェットの致死率1,56%

・陽気ドラパルトの鉢巻ドラゴンアロー確定耐え

・特防2段階ダウンのASミミッキュに対してルミナコリジョンで75%で倒せる

・1加速で最速ドラパルト抜き

 

追記

https://amaniiii.hatenablog.com/entry/2023/01/17/145734

単体考察記事を書いたのでこのポケモンについてはこちらの方がわかりやすいかと

 

耐久に厚く振ったことで非常に動かしやすくなったクエスパトラ。

構築経緯でも書いたが崩し、初手の様子見、展開の全部が出来るのがとても強い。

ノーマルテラスの理由はミミッキュのかげうちを防いで攻撃できるため。

技構成のマジカルシャインサザンドラ、マスカーニャ辺りの打点になる。

初手のドラゴン勢に対し安定して動けたりと本当にめちゃくちゃ強かったのでもっと流行っていいポケモンだと思う。

 

サーフゴー@隠密マント ラスタル:飛行

特性:黄金の身体
性格:図太い
実数値:191(228)-*-146(140)-154(4)-112(4)-121(132)
技構成:シャドーボール /ゴールドラッシュ /悪巧み /自己再生

調整意図

・A特化カイリューの鉢巻地震を確定耐え

・耐久振りサーフゴーのミラーで勝てるようにS振り

 

耐久に厚くすることで起点に出来る範囲が広がり、加速バトンを決めればかなり試合を有利に進められる。加速バトンを決めなくても単体として優秀なのが非常に良い。

飛行テラスの理由はカバルドンに安定するため。

技構成で、流行りの格闘打点ではなくゴールドラッシュにしているのは単純に火力が欲しかったから。

 

カイリューゴツゴツメット ラスタル:ノーマル

特性:マルチスケイル
性格:意地っ張り
実数値:197(244)-170(4)-124(68)-*-124(28)-121(164)
技構成:神速 /地震 /アンコール /羽休め

調整意図

・S+1で最速ゲンガー抜き

 

アンコール羽休めによって受けもできるしノーマルテラス神速で攻めも出来る神ポケモン

加速バトンを決めて上からアンコールできるのも強いし普通に出しても強い。

 

 

ラウドボーン@食べ残し ラスタル:水

特性:天然
性格:図太い
実数値:209(236)-*-150(132)-131(4)-102(52)-97(84)
技構成:フレアソング /シャドーボール /怠ける /身代わり

調整意図

・臆病C252サーフゴーのシャドーボールを確定耐え(特化の場合は18,7%)

・S+2で最速マスカーニャ抜き

 

圧倒的詰ませポケモン。加速バトンや電磁波を絡めることでかなりの範囲のポケモンに強くなった。

水テラスの理由はヘイラッシャに強いのと、フェアリーよりも見れる範囲が多いと思ったため。

技構成は範囲を広げるためのシャドボ、地割れや欠伸、塩漬けを避けたり麻痺待ちが出来たりする身代わり。

 

ドドゲザン@ヨプの実 ラスタル:鋼

特性:負けん気
性格:腕白
実数値:207(252)-156(4)-159(36)-*-106(4)-97(212)
技構成:ドゲザン /アイアンヘッド /電磁波 /ステルスロック

調整意図

・陽気鉢巻変幻自在マスカーニャのけたぐり確定耐え(特化は43.7%)

・特化セグレイブの地面テラス地震確定耐え

・電磁波で最速マスカーニャ抜き

 

本構築第二の初手枠。

今シーズンは色々なステロ枠を使用したが一番安定すると思ったのがドドゲザンだった。

硬すぎるので出したらキチンと仕事してくれるのが強かった。

 

ガブリアスこだわりスカーフ ラスタル:鋼

特性:サメ肌
性格:意地っ張り
実数値:183-200(252)-116(4)-*-105-154(252)
技構成:地震 /逆鱗 /アイアンヘッド /ドラゴンクロー

調整意図

・A特化

 

ドドゲザンカイリューという選出をしたときのスイーパー役になったり初手から舐めたドラゴン勢をわからせるために採用。
鋼テラスはアイアンヘッドの火力上昇や耐性が強力なため。

技構成のドラゴンクローは逆鱗を撃ちたくないときに撃つ。

 

【基本選出】

エスパトラでサーフゴーにバトン出来れば勝てると思ったらこの選出。

バトン出来なくてもそれぞれが単体として普通に強いので幅広く戦える。

 

主にセグレイブ入りに出すことを検討する。

ドドゲザンの電磁波ステロからラウドボーンやカイリューを通す。

受けループにもこの選出で、ラウドボーンに毒が入らないことを意識しながら粘って頑張ってTODする(1勝1敗)

 

から1匹

ガブが刺さりすぎているときにする選出。

 

【重いポケモンとその対処について】

サザンドラ

刺さりすぎているからか初手に結構来たのでクエスパトラのマジカルシャインで返り討ちにしていた。初手に来なかった際はサーフゴーに加速バトン+悪巧みをしておき、サザン対面で飛行テラスを切れば眼鏡流星群以外は余裕をもって受けられるので何とかならないこともない。

 

・デカヌチャン

この構築は風船デカヌチャン展開を止めることができないので必ず仕事をされてしまう。初手クエスパトラを合わせてルミナコリジョン連打で突破し、裏に居がちなブラッキーに対しサーフゴーバトンを決めて悪巧みができればワンチャン勝てる。

 

・ヘイラッシャ、ラウドボーン

この2匹にはラウドボーン、サーフゴー、アンコールカイリューで対応する。突破が簡単に出来るわけではないが何故か負けることもあまりなかった。

 

・フェアリーテラス耐久振りウルガモス@オボンのみ

ラウドボーンを出せなかったら無理。ウルガモス入りにはなるべくラウドボーンカイリューで選出することを意識していた。

 

・セグレイブ

ドドゲザンを犠牲にしながらステロ撒いてラウドボーンカイリューで勝てなかったら無理。どうやったらうまく勝てるか最後までわからなかった。

 

 

【結果】

TN ユイ 最終98位

f:id:amaniiii:20230105112235j:image

 

何かあればTwitter@ama_hasteのDMまで